美容鍼灸

美容はり・​美容鍼灸とは

別名、美容針(美容はり)・美顔はり・美顔ばりなどとも呼ばれています。

鍼灸といえば針や灸を用い、多くが治療として利用されてきたのですが、近年美容にも大変効果があることが注目され、国内外で芸能人やモデルを始め多くの方に支持されるようになりました。

施術を行うことができるのは、国家資格をもった鍼灸師もしくは医師となります。

美容はり・​美容鍼灸の効果とは

お顔のリフトアップ

お顔の筋肉はケアをしていない方の多くは顎の筋肉やこめかみ、頭部の筋肉など硬く凝り固まってしまいお顔の表情をこわばらせ偏らせてしまいます。
美容はりを用いることで硬くなった筋肉をほぐし、表情の豊かさを取り戻し、下にひっぱり合った筋肉もほぐれることから、お顔全体の引き上げにつながります。

お顔以外の筋肉もお顔の引きつりには関係しているためおカラダのケアも同時にすることから、さらに下にひっぱられているお顔を戻し引きあがったお顔を取り戻すことにつながります。

コラーゲンやエラスチンの生成を促進

肌の弾力を維持するための弾力繊維(エラスチンやコラーゲン)を作り出している繊維芽細胞は年とともに働きが衰えてきます。
シワやほうれい線・他必要なところに針をすることで細微量の傷がつき壊れた細胞を修復しようとすることで繊維芽細胞を増幅させる働きが起こります。
自然治癒力を利用した細胞活性でお肌を活性化させていきます。

体質改善も一緒に行える

カラダとお顔の美は関連しています。
例えばシミやにきびのお悩みでは体質がとても関わっているのですが、クリニックやエステではお肌のケアが中心のため改善がみられず困っていらっしゃる方も多いかと思います。

当院の美容はりでは体質を確認し手足にもはりを行うことで、お顔のケアと体質改善を一緒に行います。
そのどちらも調整することができるのが経験豊かに施術を行う美容鍼灸の鍼灸師です。

美容に関わる体質 改善が見込まれるもの
にきび肌体質・シミ肌体質・毛穴が開きやすい体質・目の下のクマ体質・冷え性体質・むくみ体質など

当院イロドリの美容はりメニューが人気なワケ

美容はり歴8年
小顔矯正歴13年
元エステティシャンが施術を担当
高いスキルでそれぞれのお顔やおカラダに合わせてオーダーメイド施術

美容はりのよいところとそれ以外の施術もフルに使い​お客様のキレイを引き出します

ブライダル準備でも大人気です!!

ブライダル準備について

​irodori 美容はりメニュー

こちらも人気です

よくある質問

痛いですか?どれくらい痛いか気になります

はりといえば注射針や裁縫のはりをイメージされる方が多いのですが、鍼灸で使用するはりは髪の毛ほどの細さになります。また、鍼管(しんかん)というものを使用することで痛みが出にくいようなっております。痛みの感覚には個人差や体質もありますので一概にはいえませんが、多くの方は痛みをまったく感じなかったり、問題のない範囲だとおっしゃられる方が多いです。

メイクオフはせずに受けることはできますか?

ショートコースとirodoriベーシックコースは、メイクオフせずに行うことができます。完璧美顔コースはメイクオフが必要な内容となっております。

金属アレルギーなのですが受けることはできますか?

金属アレルギーは、程度もございますが、多くの方は長期間の皮膚と金属との接触によりおこります。使用するはりは大変細くあるため皮膚との接触面は少ない上、10分ほどではりは外しますので、これまで問題になった方は今のところいらっしゃいません。私自身も金属アレルギーのため、付けるアクセサリーには発症することがありますが、鍼灸の鍼でかゆみが出たことはありません。念のためカウンセリングの際は金属アレルギーであることをお伝え頂きご相談くださいませ。

施術後すぐメイクはしてもいいですか?

施術後のメイクは可能です。院にはドレッサーもご用意しております。ご利用くださいませ。

はりは使い捨てですか?

はい、使い捨てのはり(ディスポーザブル)を使用しております。

副作用について

美容はり・美顔はりの副作用について

全く無しということではありません。

まず美容はりの針の多くは使い捨てになります。使い捨てのはりを利用している場合は感染はほぼゼロになります。

顔面の神経に対しては、顔には細い神経が無数に走っておりますが、使用するはりの太さは髪の毛ほどであり障害を起こす可能性は極めて低く、実際にもそのようなケースの報告は学術的にも上がっていません。

内出血については、大変まれではありますが体質などにより起こりえるものです。1週間~2週間で必ず消えていくものですので、その際はコンシーラーやファンデーションで隠していただくようお願いしております。

他、施術をする者の知識や技術の問題となります。

適度な針の量という点は大切なところです。お顔に針をすることで、適度なはりの量であれば筋肉も適度な緩みにつながり。血行促進や肌繊維の生成促進につながり良い効果が期待できますが、針の量が多すぎたり、定期的に多い針を一部に刺すことは、その筋繊維や肌繊維への負担が大きくなり、適度な強度や肌のハリを弱らせることにつながります。マスコミなどは見た目で驚きがあるものや、一瞬で!というものを取り上げがちです。インパクト重視ではなく、本当に技術があり肌のことを思って取り組んでいらっしゃる鍼灸師や鍼灸院を探されることをおすすめさせていただきます。

また顔や頭部にだけに針をするということは気を動かし活性化させる鍼灸では良いとされていません。お顔や頭にしかはりをしないということは、気が上に昇りやすくなり、のぼせ・頭痛・めまい・耳鳴りの原因となります。美容はりが人気となり、安易にお顔や頭にだけ針を内容のところもあるようですが注意が必要です。

美容はりでの良い効果はたくさんあり、受けられた方の多くが『躊躇しているより早く受けておけば良かった!』という御声です。良い効果を引き出すには、上記のことを理解し、その方それぞれに合わせて対応できる知識や技術が必要です。美容はりで美容効果をご実感されたい方は、上記をふまえ対応できる、美容につよい鍼灸師や院を選ばれることをおすすめいたします。